湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

真弓定夫先生 × 池川明先生のお話会 


oki152.jpg

おかあさんのごはんが、赤ちゃんのごはん。



自然食品店で手にとった1枚のフライヤー。

そこには、自然流育児で知られる小児科医の 真弓定夫先生 と
横浜で産婦人科医をされている 池川明先生 の講演会が
沖縄で開催されるお知らせがありました。

それぞれのお話のテーマは

真弓先生 … 自然流子育て 三代先のこどもたちのために
池川先生 … 赤ちゃんはお母さん、お父さんを
         選んで生まれてきたんだよ

まもなく臨月を迎えることもあって、とても興味深い内容。
託児もあるということで、さっそく申し込んで行ってきました。


真弓定夫先生のお話は
命のバトンは食べものでつながっているということ。

これはわかりきっているようで、実感していないよなぁって。
20年、30年後、自分の子たちが新しい命を育むときのことを考えて
今から体づくりをしてあげなさいというお話。
先の長い長ーいことだけど大切なお話。

母乳育児のこと
断乳のタイミング
理想の食べもの
日本とアメリカの関係性からくる牛乳のこと
そして、予防接種のこと

あちこちで聞きかじっていたことを
出産前にもう一度おさらいさせてもらった感じ。
(先生の本には全て書いてることだと思うんだけど)

ふむふむ、そうなんだ、そうだったって
体のまんなかにストンとおさめて
出産前後、母乳をあげているときの食生活についてちょっぴり決意。

息子のときは、とにかくお腹が減ったし
妊娠中も出産後も、けっこう好きなものを食べていたら
出産約2ヶ月にして片方の胸だけ乳腺炎に。

今回は、出産後はちゃーんとした食生活をしよう。
油っこいもの、糖分の多いものはなるべくとらないようにして
おいしい母乳を出そうって。

でも…出産前は好きなものを
少し食べさせてねって感じなんだけど。笑

赤ちゃんのごはんは、おっぱいで
ハハが口にするものが皮膚や細胞を作っていくんだよな。
お腹のなかにいたときも、うまれてからも。

和食を中心に、ときには洋食も食べつつ
こころとからだがおいしいって思える食生活ができたらいいな。
これを食べなきゃって頭で考えていると
また、全身がガチガチになりそうだから。

あれこれダメ、じゃなくて
ときには食べたい欲求にしたがうこころの栄養も必要。

子どもの食事にかんしては
それはそれは大変な時期がはじまったと思うけど
限られた食材でも工夫しつつ楽しんで料理していきたい。

いつもとは違うこの組み合わせでいってみようとか
わ、これでもおいしいんだとか
料理中のわくわくした気持ちは
きっと子どもたちのこどもとからだにも伝わる気がするから。


そして正直いうと、震災や放射能のことがあったので
20年、30年後のことまでは今は考えられない…かも。
まずは半年、1年、2年、3年後のことをみつめたごはん。
子どもたちが元気に健やかに育ちますようにと願いをこめたごはん。

特に赤ちゃんのごはん(=おっぱい)は
自分の食生活がダイレクトに反映するってことを
改めて見直すことができた時間でした。


もうひとつ印象に残った真弓先生の言葉。

子育てはマニュアルじゃなくて
子ども1人1人を見つめてでいいんだよってこと。

子どもの育ち方は、育て方によって違う。
情報過多の時代だから、これからの子育ては感性だよって。


そうだろうなぁ。
今までもそう感じてきたけれど
3月11日を境に、ますますその傾向が強くなってる。

親は今まで以上に選択するべきことが増えてると思うし
かといって、今はどの選択が正しいかわからない。
それぞれの選択は違って当たり前だから、まさに感性なんだろうな。

未来も大切だけど、なにより今が大切。
後悔だけはしないようにしていこうって思ったのでした。


変わって池川先生のお話は
とてもファンタジーで出産が楽しみになる内容。
胎内記憶のお話です。

なんと、子宮内にマイクを入れて
胎児がどれだけ外の音が聞こえているかを
録音したテープを聞かせてくれたんだけど
あまりの筒抜け状態にあぜん!

胎児はよく聞こえているから、いっぱい話しかけてとか
出産後すぐにハハの声に反応したとか

よく聞いていたことだけど
これだけ聞こえてたら、そりゃそうだわ!っていうほどのもの。

ハハのハミングの声、
出産日を過ぎても出てこない赤ちゃんに向かって話しかけるチチの声、
一語一語しっかり聞こえてました。


そして、ハハの声の感じと感情をマッチングできるようになり
妊娠中のこころの状態が胎児に関係することも興味深いお話。

嬉しいときも動くけど
うるさーーーい!ってときも動いて蹴ったりするそう。

夫婦げんかなんかでイライラしてると
赤ちゃんはくるくるまわって逆子になることもあるとかね。

そしてハハの怒りは、赤ちゃんが自分に向けられている感情だと
勘違いすることも。

すると、こころを閉ざしちゃったりして
出産後に母子の関係性が悪くなることもあるんですって。
(もちろん、すべてがそうとは限らないんだけど)

だからこそ、妊婦はできるだけおだやかに、おだやかに。
たくさん話しかけると
自分のことを見てくれてるって嬉しくもなるそう。

あれだけ聞こえていたら
赤ちゃんへの読み聞かせもいいものなんだって納得。
胎教の音楽のことも、なるほど~って。

もっとはやくにこのお話を聞きたかったな。笑
どれだけにこやかにリラックスして過ごすことが
赤ちゃんにいいかわかったもの。


そして、赤ちゃんは親を選んできたというお話。
胎内記憶をもとにお話してくださったんだけど
正直、今のところ息子にはまるで胎内記憶がないので(笑)
残念ながらピンとこないんだけど、あるんだろうなって思います。

実際に子どもの胎内記憶をもとに絵本を作られた方のお話や
天使になって空にかえった胎児のお話など
すーっとこころに響くものでした。

胎内記憶は、いつか息子が話してくれるんじゃないかって
淡い期待を抱きつつ、2人目の子にも聞いてみたいなと。

でもどちらの妊娠中も、イライラしてたもんなぁ。
2人とも思い出したくないかもな。笑


真弓先生も池川先生も、にこにこされておだやかな雰囲気。
子育ての方向性ももういちど確かめられたし
すごく心地よくていい時間だったな。

いよいよ、いよいよ臨月です。


[edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/08/17 12:29 * edit *

Re: タイトルなし

■鍵コメRさん

コメントありがとうございます。

ブログを拝見させていただき、
沖縄では行ってるところがかぶっていたり
私もRさんのエントリーで
興味津々のところが多くて嬉しくなってしまいました。

胎内記憶はすごく夢があっていいですよね。
私のまわりのお子さんたちは、けっこう胎内記憶があるようなんですけど
うちは覚えていないようで、ちょっぴり残念。
2人目の子に期待です。

まもなくの出産、がんばります。
またぜひ遊びにきてください☆

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2011/08/18 23:15 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/687-86929f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。