湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

助産師さんのこと 


oki10.jpg

もうすぐ4人家族。



第2子は湘南の助産院でうもうと思ってました。

実際にそこの助産師さんに赤ちゃんをとりあげてもらった
友人がすすめてくれたのが、ひとつのきっかけ。

彼女は自宅出産だったけど
その後子どもと一緒に何度もその助産院に遊びに行っていて
すごく穏やかな時間を過ごしたようだったから。
助産師さんが息子くんのおばあちゃんのように思えたんですって。
それほど、かわいがってもらったらしい。

わが家は湘南に親戚がいないもんだから
たとえ血がつながっていなくても
子どもとそんな風に接してくれる人がいたらいいなって
もう1人おばあちゃんが増えたら幸せだよなって
そう思って決めたのでした。


ちなみに1人目の出産は、実家がある青森の個人病院。
これまたそこで出産した友人がすごくよかったって
「もしもう1人子どもをうむなら、またここがいい!」
その一言で決定。

あまり深く考えてはいなかったのだけど
その病院は母乳推進で、母子同室。

うんだ後に、自分で赤ん坊を部屋に連れて帰ったのが
結果的にすごくよかったんだよなぁ。
あんなに苦しい思いをしたのに
うんだその日の晩、隣ですやすや寝ているわが子を見て
あまりのかわいさに、すぐにもう1人ほしいと思ったもの。
母性がぐんぐんと出てきた瞬間だったんだと思う。

そしてその夜は、アドレナリン出まくりで興奮していて眠れず
3時間も赤ん坊に子守唄を歌ってた。
いとしくて、いとしくて、たまらなくて。

母乳の出がよかったこともあって
次の日からずっと腕枕して寝ていたのもいい思い出。
頭が重いと感じる4ヶ月まで、まいにち、まいにち腕枕。

それがまた幸せな時間であり、そんな経験もあって
母乳のこと、出産後のお世話のことなどを含め
助産院での出産に何の抵抗もなかったのでした。


さて、ここからが本題 (前置きながっ)。
そういうわけで、妊娠8ヶ月を過ごす場所を選ぶときも
まずは助産院さがしからはじめました。

季節的にも南のほうでのんびりしたいと漠然と思っていたけど
妊娠8ヶ月からは、2週間に1度の通院が必要だったし
もし滞在中に何かあったらお世話になるので慎重にって。

参考にしたのは、日本助産師会の 九州・沖縄の助産所一覧

候補は、弟が10年近く住んでいた福岡、
同学年の息子をもつ従姉妹が住んでる鹿児島、
そして国内では夫婦ともに一番訪れていた沖縄。

めぼしをつけては、電話でお話。
助産師さんって、あったかいんだよなぁ。
どこにかけても、すごく親身になって話を聞いてくれた。
不安のあまり、ぽろぽろ泣いてしまったこともあったけど
うん、うんって聞いてくれて
それだけですっきりしたこともありました。

そんななかで、いちばんこと細かにお世話してくれたのが
沖縄の助産師さん。

今、同様に関東から出産のために沖縄に来てる人がいること、
その方に連絡してあげるから直接話を聞いてみたらいいよ、とか
住むなら安いドミトリーがあるよ、とか。
こちらがなにかお願いする前に、いろいろ情報をくれて。

そんな出会いもあって決めました、沖縄行きを。
同じように関東から来ている妊婦さんがいるのも心強かったし
福岡と鹿児島、沖縄なら
プライベートでも仕事でも何度も訪れていたのが沖縄だったから。
観光もたくさんできそうだなって、最後は直感で。

その後はマンスリーマンションを探し
ちょっと不便な場所だったので
思いきってマンスリー契約でレンタカーも借りて
飛行機のチケットを取って。
とにかく楽しもう~と観光気分だったので、ガイド本も購入。
準備するうちに、少しずつ心も軽くなっていきました。

今回は、もしかしたら沖縄出産も見すえてということで
助産院で分娩できる 助産院てぃだ に連絡したけど
沖縄には助産師さんが提携病院で
赤ちゃんを取り上げてくれる制度があるので
こもり助産院 という選択肢もあったんだと後から知りました。

沖縄に到着後は、家族で助産院てぃだへごあいさつ。
実際にお会いした助産師さんは親しみやすくて
電話口で話したとおりの方でした。
沖縄へ来てよかったなーってね。

でもね、数日後には
こもり助産院主宰のマタニティヨガにも参加。笑

この日は偶然、沖縄ならではの楽器ライアーを使って
心と体をほぐすヨガだったんだけど、これがまた気持ちよくて。
お腹のベビーがぐるんぐるん動いてた。
少し心がほぐれたのか、最後はぽろぽろ泣いちゃったしね。

さらにここでもまた、関東から来ていた妊婦さんに遭遇。
お話できてよかったなぁ。

こもりさんとこでは、妊婦の体のケアなんかもやってるので
行ってみようかなと思ったり。
こもりさんもまた、親しみやすくいろんな情報をくれた
頼りになる助産師さん。

あれこれ都合が合わずで、その後マタニティヨガに行けないでいたら
大丈夫ですか?とメールをくれたり。
本当に皆さん優しい。

沖縄を選んでよかったなって、しみじみ。
そして2人の助産師さんに出会えたからこそ
今、沖縄での出産を決意できたんだと思う。

日に日にゆるんできて、出産が楽しみになってきたのも
この地と人のおかげ。 心から感謝です。



[edit]

素敵な決断。

ブログの更新を今か今かと待ちわびた甲斐がありました♪

またもや、素敵な妊婦ライフですね。
ぐるぐるさんが、きっと、素敵な人だから、周りのみんなも、素敵になってしまうんでしょうね。

沖縄出産。頑張ってください。

sato #- | URL | 2011/08/05 15:15 * edit *

■satoさん
ようやく、ようやくいろんなことが落ちついて
ブログを更新できそうです。
コメントありがとうございます。

この決断がよかったかどうかは正直わからないんですが
新しい命を迎え入れるために
とてもおだやかな気持ちになってきました。
だから、本当にまわりの人々に感謝です。

わたしは、ぜんぜん素敵じゃないんですけどね。笑

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2011/08/08 07:23 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/01/17 20:47 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/667-ed93f6ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。