湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

すきなところ 


d3.jpg

むちむちの手。

息子のからだのなかで、一番すきなところが手。
指は腕や太もものようにむちむちしていて、
手のひらは厚みがあって幅がある。
私のうすっぺらい手とは大違い。
まさに男の手なのだ。

まだ私の手の半分ぐらいの大きさなんだけど、
両手で包み込むとふかふかしていて気持ちがいい。
頼れそうな安心感のある手は、とーさんと同じ手。
DNAってすごいよ。 彼の手をにぎるたびにそう思う。

いつかこの手で、すきな子の手を包むんだろうな。
ちょっとやけるんだけど。笑

d12.jpg

そして、このむちむちとした手のせいなのか、
彼は本当においしそうに
食べものをつまみ、口に運ぶ。
食べっぷりも見事だけど、そのおいしそうな指にも見とれてしまう。

なんて幸せそうな指なんだろ。
ほれてまうやん。




★今日のくいしんぼーメモ

食べっぷりのよさは保育園でも健在で、
先生から聞かされるエピソードも食べもの関係がほとんど。
いつも、くすくすと笑わされている。

いま、2歳児クラスは進級に向けて
自分でおかわりをする練習中なんだそう。
おかずはだいたいトングでつかんで、器に入れるんだけど、
トングの扱いに慣れない息子は、
おかわり常習者のくせに、いつも悪戦苦闘。

もやし1本、しめじ1本、玉ねぎちょびっと…
1回につかめるのが少量すぎて、何度器に入れても、
おかずがいっぱいにならないらしく…

ある日、途中で諦め、がっくり肩を落として一言。

「これじゃぁ、すぐ終わっちゃうよ」

もっと食べたいのに、たくさんすくえない不甲斐なさに出た言葉。
スプーンで1回、2回すくったら、またお皿はからっぽだよ…
肩を落として首を傾けて、しょんぼりと。

わははは、目に浮かぶよ、その光景。
食べものへの執着は、ひといちばいだもんね。

その後、先生の
「お手伝いしようか?」 という言葉に救われて、
たっぷりおかずを入れてもらい、めでたしめでたし。
にかにか笑って席についたそうで。

今年もくいしんぼーエピソードがたくさん出てきそうです。


[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/632-90650c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。