湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

またまた、日登美さんに会いにいく 


ひとみ8

今回も、organic baseのレッスン。

以前訪れた日登美さんの料理教室 がとても楽しくて、
再び organic base のワンデイレッスン、
「日登美さんの粉から生まれるおやつ」 に行ってきました。

今回のレシピは、月刊クーヨンの増刊号、
子どもとつくるシンプルな暮らし で掲載されていたもの。

ココナッツ入りクランチドーナッツ
お日様スコーン
バナナとキャロブのオートミールクッキー

を作りました。

レッスンは、日登美さんが作る様子を見ながら、
少しお手伝いする形式でスタートです。

ひとみ1
ひとり1個ずつ成形しました

うちの子は、とにかくドーナツがだーいすき。
目がないっていうのは、このことだなーってくらい
ドーナツへの執着はスゴイです。ぷぷ

だから、ずっと作れたらいいなぁと思っていました。
しかも、簡単に。

日登美さんのドーナツは、びっくりするくらいとても簡単。
混ぜた粉に豆乳やメープルシロップを加えて混ぜたら、
成形して揚げるだけ。

粉ふるいもなければ、発酵も型抜きもいらない。
なんてったって生地が手につかない!
だから、あつかいやすくて子どもと一緒に作れそう。

ひとみ2
じゅわじゅわー

油に入れると、すぐにぷっくりふくらんでくる。

ひとみ3
カリッ

皆がそれぞれ成形したドーナツ。
わはは、しっかり輪にしたつもりが
揚げている間にはずれて三日月形のも、ちらほらと。

でもね、これがまたかわいいなぁって。
どんな形になったって、ドーナツっておいしそう。
子どもと作っても、ほんとに楽しいだろうな。

ほんのりココナッツの香りがするこのドーナツ、
甘さも控えめで、食べすぎてしまいそう。
わが家の定番になりそうです。

ひとみ5 ひとみ6

こちらは、お日様スコーン。
なんともチャーミングなネームのこのおやつは、
にんじんのすりおろし入り。

にんじんスコーンっていうと、子どもが食べないこともあるから
お日様スコーンって名づけたそう。
こういう工夫は、さすがだなーって思います。

やわらかい生地だけど、型抜きできるから、
これもいろんな型で作ると楽しそう。

ひとみ7 ひとみ4

たーくさん焼きあがりました(左)
もうひとつは、アーモンドたっぷりの
バナナとキャロブのオートミールクッキー(右)

いずれも甘さ控えめだから、食べすぎ注意。

ひとみ9

これは、お月見にちなんで
日登美さんが作ってきてくれたおだんご。
炊いたきびに、蒸したさつまいもとかぼちゃを混ぜて丸めたものだそう。
(すぐにまねしたけど、まん丸おだんごにならなかったー 

これね、日登美さんちのお子さんのおべんとうに入ったんですって。
すごいなぁ、すてきだなぁ。
お月見の季節のおべんとうに、お月見だんごだなんて。
そういう思いって、大人になったときに
すごく心に残ってるんだろうなって思う。

わたしも、背伸びしすぎずにそういう思いを伝えていけたらなぁ。


そして、日登美さんのおやつ作りってとても大らか。
たとえばレシピより少しだけにんじんのすりおろしが多くなっても
粉を加えて調整しましょって感じで臨機応変に。

きっちり分量をはかって作るお菓子はそれはそれでおいしいけど、
家で作るおやつはもっと気楽に。
ちょっと不格好でも、手作りや作りたてはとてもおいしい。
ちょっとレシピからそれてもいいじゃない。
いろいろアレンジしながら、自分好みの味をさがしましょ。

そんなやわらかくて余裕のある空気が、とても心地よくて。
きっと、4人の子どもを育ててる大らかさなんだろうなぁ。

日登美さんの子育て話も聞けて、大満足だったレッスン。
楽しかった、おいしかった。
ごちそうさまでした。

organic base
※10月にも、日登美さんのおやつレッスンがあります


[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/596-512bfa62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。