湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

ゆかたのこと 


yuka15.jpg

15歳の夏に仕立ててもらったもの。

親子で浴衣を着られたことが嬉しくて、浴衣の話をもう少し。

紺地にあじさいを描いたこの浴衣は、
高校1年の夏に自分で生地を選び、呉服屋に仕立ててもらったもの。
そのときすでに身長の伸びがとまっていたから、
ずいぶん年月を重ねた今でも、体の寸法に合ったジャストサイズです。

もうひとつ白地に紫の花を描いた既製の浴衣を持っているけれど、
自分で着つけてみてはじめてわかる、ジャストサイズの心地よさ。
腕のところが変にもたつかないし、身幅もぴったり。
なによりおはしょりがたくさんあまることがない。

身長が低いもんだから、
既製の浴衣ではずいぶんおはしょりがあまって
毎回その処理にかなり苦戦するんだけど、
それがないんだなぁ、体の寸法に合っているというのは。

で、そんな経験をしてはじめてわいてきた母への感謝の気持ち。
この着心地のよさは、浴衣を仕立ててくれなかったら
わからなかったことだから。 ありがとう。

そうして、自分が母になった今、
同じように思えることをしてあげられたらと感じるようになった。
幼いそのときにはわからなくても、
何年も何十年もたってから何かを感じてくれればと。

男の子だから、浴衣じゃないだろうなぁ。笑
それは何だろう。

でも、特別なことじゃなくて、日々の小さな積み重ねなのかな。

毎日肩を並べて食べる夕ごはん、
夕暮れどきに影の長さを比べながら向かうスーパーへの道のり、
しゃぼん玉の大きさを競い合ったり、
ときには同じ目線でケンカしたり。

あれれ、ちょっと話のないようが変わってきた?
まぁ、いっか。
親のおもいとは違うところで、
いろんなことを感じてくれるかもしれないから。

子どもへのおもいって、こうやってつながっていくものなんだな。
ずいぶんと、ハハの目線になったもんです。


[edit]

素敵なお話ね。
なんだかジーンとしたわ。

おばあちゃんが仕立ててくれた浴衣。
何度かの引越しを経て、きちんと保管できていなかったのです。
去年、初めての幼稚園祭りに着て行こうと久しぶりに出したら・・・
あらら、生地が少し傷んでいました。
ぐるぐるさんは、きちんと保管しているのね。素晴らしい!!
お母様も嬉しいと思うなー。
それに比べてわたし・・・ひょえ~~汗

年を重ねていろんな思いを感じるのって
女子だよねー・・・
お互い、子供は男子だよねー、笑
やっぱり女の子のハハが羨ましいわ!!笑

みずほ #- | URL | 2010/07/07 21:49 * edit *

こんばんは。
いいね、いいね。
こういう想いが寄り添うものって
大人になってしみじみとありがたみがわかるものだよね。
ものだけでなく、いろいろなことが。

ぼくちゃん、久しぶりに見たら
顔つきがお兄ちゃんになっているよ。
びっくりした。

あと、ちょこっとちがう、の箸置き。
私も最近どこかで娘と かわいいねー って
見たんだよなぁ。。。。どこでだっけ?と
思い出せないのは、暑さのせいでしょうか。
また、遊びにきます!

ミドリ #- | URL | 2010/07/07 23:28 * edit *

■みずほさん
おばあちゃんが仕立ててくれた浴衣も
とても思いがつまってますね。
うちのは、10年以上たんすに入っていたからなんとか。ハハハ

男の子って腕から飛び立っていくのがはやそうだけど、
うんと年を重ねたら
いろんな思いを感じてくれるんじゃないかなぁ。
って、淡い期待を描いてます。笑

だから、日々を楽まなくちゃですね。

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2010/07/10 04:36 * edit *

■ミドリさん
そうなの、大人になってハハになって
親に感謝するべきことがたくさん出てきました。
そのときは全然気づかなかったことだけど。
これも、こころの成長なのかなぁ。

箸置きはスパイラルで買ったものよ。
娘さんと、かわいいねーなんて素敵なお話。

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2010/07/10 04:41 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/555-63482f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。