湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

ちもとや の 「わらび餅」 


20060625011722.jpg

和紙に達筆な手書き文字。

20060625011745.jpg

埜庵のかき氷で幸せ気分に包まれた後(そのときの記事はコチラ)、
sugareeさんLunitaさんが連れてってくれたのが、和菓子屋の ちもとや 。
これまたウワサ通りの人のよさそうなおじいさんが出迎えてくれ、
ふるふるやわらかなわらび餅を手みやげに買いました。

何より目についたのが冒頭の包み。 透明パックにわらび餅を入れ、その上から、
鮮やかな黄緑色の文字で菓子名を書いた和紙をはっています。
お店におじゃましたときには、おじいさんが1枚1枚制作中のところでした。
↑これはちょうど文字を書き終えて、あとは判を押すだけ、という場面です。

聞くと、和菓子も心を込めてひとつひとつを手づくりしているから、
それに合わせて、包み紙も手書きにしているのだそう。
すみずみにまで、おじいさんの真心、職人魂を感じました。


20060625011858.jpg

そして、こちらがわらび餅。 寒天を使っていないから、
食感がぶりんぶりん。 器に盛っても、
わらび餅がそれぞれにもたれかかるようなやわらかさです。
生地じたいに黒砂糖が入っているので、ひと口食べると黒いもちが出てきます。
きな粉をまぶしてちょうどよい甘さ。 思わずにーーんまりです。


20060625012108.jpg 20060625012048.jpg

店は涼しげなのれんが目印(左)。
どうやらわらび餅は注文後に奥で切り分けて?
きな粉をまぶしてくれているよう。 ひとつひとつ丁寧に
1番おいしい状態で渡してくれる心遣いも嬉しいなと思いました。
その様子をこっそり激写です(右)。


20060625011814.jpg

7月に入り、暑くなったらかき氷も始めるとのこと。
「今度はかき氷をのみにおいで」と、おじいさん。
かき氷をのむ、という表現も懐かしいなあと。
そのため夏は23時ぐらいまで営業しているそうです。


■ちもとや 藤沢市鵠沼海岸2-7-6
0466-22-7829 無休 9時~夜遅く
わらび餅 1個100円

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/55-7557873e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。