湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

後ろ髪をひかれながら 


くすり

病児保育室へ。

週の頭から熱が出て、なかなか回復せずに微熱つづきの息子。
そして、こんなときにかぎって、
かーさんは外せない仕事が詰まっていて。
だから、泣く泣く病児保育室へ連れていく日が
2日も続いてしまいました。

病児保育室は、保育園ではあずかってもらえない
体調が悪い子や回復傾向の子が行くところなのだけど、
ここに預けるときだけはとても心苦しい。

家で一緒に過ごしてあげたら、
息子のリズムに合わせて抱っこしたり、お昼寝をたっぷりさせたら、
治るかもしれないのに…ね。

とはいえ、じーちゃんばーちゃん、親戚がそばにいないから、
わが家にとっては、とてもありがたく心強い存在なのだけど。
どうしようもないときに、どうしても休むことができないときにだけ。
わかっていても、まだまだジレンマをもつかーさんです。
一緒にいられなくて、ごめんよぅ。



ちなみに、利用している病児保育室は、
小田急線の大和駅から徒歩3、4分にある もみの木医院

1階が病院で、診察後に薬局で薬をもらって
2階の保育室へ行きます。 当日8時からの電話予約でOK。
お医者さんも保育士さんも、とてもやさしく昼食持参も可です。
保育室側でも昼食の準備があるので、それを利用しても。
(300円で離乳食からカレーまであります)

すごいなぁと思ったのは、保育士さんが薬の扱いにとても詳しいこと。
施設が大きくて広くて、清潔感もある。
1日2000円で、何度も助けてもらった医院です。

もみの木医院


[edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2010/04/23 11:10 * edit *

Re: タイトルなし

■カギコメちゃん
ありがとう、読んでてじんとしちゃいました。

そうだよね、子育ては家族だけでできるものじゃない。
じーちゃん、ばーちゃんがそばにいなければなおのこと。
友人や保育施設や、こういった病児保育室、
いろんな人の手を借りて育てているんだもんね。

それから、ハルさんのことば、
深く胸にきざんでおきました(勝手に)。

息子はようやくちょっと前から全快になり、
昨日は公園で元気にとーさんと遊んだって。
やっぱり元気がいちばんだね。
笑う姿も、もりもり食べる姿も、元気じゃなくては見られない。
来月会えるのを楽しみにしてるね。

ぐるぐる #- | URL | 2010/04/25 07:30 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/507-0de2fa99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。