湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

すずの箸おき 


箸おき_9_50

ひとつでふたつの形が楽しめる。

素敵な店よ、と教えられて行った表参道のセレクトショップ、Rin
日本古来から受け継がれてきた伝統の職人技と
美しいデザインを兼ねそなえたものを
全国から集めたセレクトショップ。
キッチンまわりから文具、家具にいたるまで
凛としたたたずまいのものが並んでいます。

箸おき_5

いつものように、きょろきょろきょろーりと
お宝はないかとさがしつつ、
わ、かわいい☆と手にとったのが、すずの箸おき。
その名も、八(はち)。

末広がりで縁起のいい 「8」 をデザインした形で、
↑こんな風に売っているんですが (2個組または5個組) 、
なななーんと、手で形を変えられるんです。

箸おき_9_15

外側の輪の部分を下に曲げて、中心を立てるとかぶとみたい?(左)
輪を上げて中心を下げると、ちょうちょみたい!(右)
ユニークでかわいくて、おもてなしのセッティングに使えば
ちょっとした話のたねにもなりそう。
というわけで、めでたくうちの子になりました。

お店の方によると、箱入りで売られているので、
結婚祝いなどのプレゼントにも喜ばれているそうです。
なるほど、これはいいかも。
うしし、プレゼントリストのひとつに加えておこう☆

箸おき_9_25

もうひとつ、こちらの形もお店で売られていたもの。
実は元々持っていたものなんだけど、同じ 能作 のものと判明。
能作は富山県は高岡市にある大正創業の老舗で、
伝統産業の鋳物を伝え続け、銅や真鍮、すずなどの
美しい金属製品を販売しています。

こちらは 上野朝子さん がインテリアプロデュースしているという
山形の旅館、湯どの庵 に行ったときに記念に買ったもの。
この箸おきも上野さんがセレクトしたもので、
意外なところで結びついたふたつの箸おきでした。

箸おき_9_77

えっへへー、同じ能作のもので、この酒器も買っちゃった。
以前からすずのお猪口がほしいと思っていたのよ。
しかも、手が届かない値段じゃないってところがいい。
嬉しいなぁ、いい買い物ができました。

また、お宝探しに行かなくちゃ。

Rin (りん)



箸おき_2

おまけで、友達がおいしいと言ってくれたお茶を発見したので
プレゼントに。 ラッピングも和テイストです。
添えられた梅の花はメッセージカード。
喜んでくれるかな☆


[edit]

うちにも能作さんの錫物あるよー。
同じお猪口もありました☆
能作さんご自身も素敵な方だそうよ。
おりんや風鈴のあの上品で柔らかな
音色、癒されるよねー。
お雛さまのお花を飾るとき、能作さん
の片口を使って生けたら、すごーく
よかったよー。
RINも行ってみたい☆

ふくしち #- | URL | 2010/03/17 10:15 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2010/03/17 22:58 * edit *

■ふくしちちゃん
そうか!お雛様の器、能作さんのなのね。素敵よね。
能作さんのHPを見て、こっちのがよかったなーなんて思ってたの。
お酒いっぱい入りそうだなーって。笑

すずの酒器は口当たりがひんやりして
お酒をおいしく感じるよね。 色も素敵。
Rinもぜひ行ってみて♪

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2010/03/18 08:01 * edit *

■鍵コメさん
えへへ、ありがとう。
嬉しいです☆

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2010/03/18 08:03 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/479-1da60131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。