湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

船の科学館 


船_4

精巧な模型がたくさんあったよ。

突然のとーさんの思いつきで行ってきた 船の科学館
なんでも小さなときに連れてってもらったのが
よっぽど楽しかったそうで、
息子にもその思いを体験させたいと大はりきり。

あんまり船に興味がなかったかーさんですが(笑)、
そーいう思いはいいなって。
その辺はやっぱり男同士なのかな。

船_8

さてさて船の科学館は、海と船の文化をテーマにした
海洋博物館 (パンフレットより) 。
展望塔がある船を模した建物で、
屋外には灯台や潜水艇も展示されています。

船は認識できても、まだまだ船がどんなものかピンときてない息子は、
ボタンを押したり、ハンドルをまわしたりで満足げ。
もうちょっと大きくなったら、もっと楽しいんだろうな。

船_9_6

館内にはたくさんの大きな模型があって、
それはそれは美しく素晴らしいものでした。
うーん、男の人がプラモデルにはまる気持ちが少しわかったような。
(ちょっと違う?)

なかでも、ほほぅっと思ったのが戦艦大和。
宇宙戦艦ヤマトのモデルとなったであろう(だよね?)
その模型のりりしく美しいこと。
しげしげと見入ってしまいました (上の写真は違うよー)。

船_9_2

こちら潜水服コーナー (たぶん)。

船_9_11 船_9_13
船_9_12

こちら有料のラジコン船コーナー。
これには子どもも大人も大興奮。 かーさんもやったよー。

船_9_21 船_9_22

地上70mの展望塔。
空がすこんと抜ける気持ちのいい風景が広がっていたよ。
ぷぷぷ、背のびしながら望遠鏡をのぞいてみたり。
2歳ってこんなこともできるんだなぁ。

船_9_20

展望塔からの風景。
それにしても、お台場に来たのって何年ぶりだろう。

船_9_19

こちらは、展望塔から見た南極観測船(手前)と青函連絡船(奥) 。
今回は時間がなくて乗れなかったけど、
青函連絡船には乗りたかったなぁ。
というのも、青森出身の私の小学校の修学旅行は函館。
当時、青森から函館まで青函連絡船に乗って移動したのでした。
あぁ、なつかしーよー。

船_9_24

次はもう少し大きくなった息子と来てみたいな。
体験学習に、プールでの カヌー体験教室 なんかもあったりして、
まだまだ楽しめることがたくさんありそうです。

船の科学館


[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/478-e4bd6fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。