湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

葉山 白崎茶会 


イングリッシュマフィン_9_6

地粉で作るこねないパン作り。
直火焼きのイングリッシュマフィンを作りました。

パン作りに目覚めてから、ずっと行きたいと思っていた
渚のマクロビ料理教室、白崎茶会
一色海岸の目と鼻の先にある古民家で開催されています。

白崎茶会は、予約がとれないことで有名。
遠方から来ている方もたくさんいて、
参加したこの日も、半分以上は他県から?という人気ぶりでした。

海が目の前というロケーションもさることながら、
なんといっても先生が魅力的。
トークがおもしろいし、初めて参加した私には
へぇーーっと驚くようなマクロビ知識がたくさんあって
もっともっと話を聞きたくなる。
質問したいことがいっぱい出てくる。
そんな教室でした。

そして、なんといっても白崎先生ならではの
地粉(うどん粉)でふわふわのパンを作るレッスンが魅力的。
有機酵母を使って、卵も乳製品も使わないこねないパン作り。
冷蔵庫にひと晩寝かせて発酵させて、
ふんわりもっちりパンができちゃうなんて、すごい!の一言です。
だって、従来のパンの作り方と全く違うんだもの。

イングリッシュマフィン_7

これが発酵させる時のパン生地。
厚手のポリ袋に入れて冷蔵庫に入れます。
ひと晩寝かせた生地を見せてもらったけれど、
パンパンッにふくれてしっかり発酵していました。

イングリッシュマフィン_2 イングリッシュマフィン_9

今回作ったのは直火焼きのイングリッシュマフィン。

イングリッシュマフィン_9_4
弱火でじっくりじっくりおいしくなぁれ

なんとストーブの上に天板を置いて焼いてくれました。
二次発酵で大福のようにぷくんとふくらんだ生地が、
さらにふくらんで、底面がこんがりしたらひっくり返します。

これには、うわぁって目が輝いちゃいました。
家ならフライパンで焼くところだけど、
ストーブに天板置いてってこの季節ならでは。
少しずつふくらんできて、かわいいのなんの。

初めて見る光景って、わくわくがいっぱい。
子どもってこういう気持ちが日常なんだろうな。
楽しくておもしろくて、うきうきわくわく。
それなら、できるだけそういう気持ちを経験させてあげたい。
なぁんて、思ったり。
あら脱線しちった、すっかりハハだな私も。笑

イングリッシュマフィン_9_10 イングリッシュマフィン_9_26

焼きあがったマフィンを半分に割ると、
ほわわわーんと湯気があがって、これまたうわーーっ。
豆乳クリームチーズとナッツバターをつけていただきました。
この豆乳クリームチーズ、とろろんとしておいしい。
作ってみたいな。

イングリッシュマフィン_9_29 イングリッシュマフィン_9_16

こちらは2品目のレンズ豆とトマトのスープ。
とても簡単で、おいしい。 もう3回も作ってますー。

右は青菜としめじ、にんにくの炒めもの。

イングリッシュマフィン_9_32

3品目は米粉のとろけるプディング。
ほんっと、とろりんこのぷるんぷるんでした。
甘さもちょうどいいな。

しかし。
実はこの日は、チリの大地震の余波で日本に津波大警報が出た日。
ちょうど試食がはじまったころ、
津波がやってくるから避難せよとの警報が出ちゃって…
最後はドタバタと解散になったのでした。
しょうがないけど、ちょっぴり残念ー。
先生ともっと話してみたかったなぁ。 また行かなくちゃです。

味噌_9_6

こちら発売されたばかりの白崎先生の著書、
にっぽんのパンと畑のスープ
力強い写真で、見ごたえ読みごたえがあります。
地粉でこねないパンの作り方、
そしてそれらのパンに合うスープがいろいろと。
白崎先生のレシピなら、どれも作ってみたいな。
ちょっぴり材料が違いますが、
今回のイングリッシュマフィンとスープものってます☆

でもね、何気に気になっているのが、
「パンの友」「スープの友」というコラム。

ちょいと材料は変わっているのですが、パンの友なら、
さつまいもバターやナッツバターといった純植物性のスプレッド、
ひよこ豆のペーストに、アガベシロップで色鮮やかに仕上げる
いちごジャムやレモンピールでしょ、
そして、豆乳ヨーグルトで作るクリームチーズ。

スープの友は、白みそ粉チーズ、和ラー油、タバ酢コなどなど、
すぐにできちゃいそうなものばかり。
眺めてると、どんどん作りたくなってくる本なのです。

パンはちょっぴりコツが必要そうだから、
まずはドロップケーキ、スコーン、
マフィンあたりから挑戦してみようかな。
(白神こだま酵母のパンも作りはじめたばかりだし)
白崎茶会にもまた行きたいと思います。

渚のマクロビオティック 白崎茶会




☆おまけ

味噌_9_2

今回のスープレシピで使われた真昆布。
(逗子の 陰陽洞 で購入)
スープに入れてことこと煮込むんだけど、
さんざん煮ても形がくずれず、
スープのうまみをたっぷり吸って食べてもおいしい。
好きだな、この昆布。 わが家の定番になりそうです。


[edit]

この本ーーー!!!
こないだ本屋さんでちらっと見かけたけど
他の本を買っちゃったのーー
悔やまれるぅーーー涙
せめて手にとってみればよかった
また見に行かなくちゃ・・・
それにしてもこねないパン、きになるなぁ

yu--m-i #- | URL | 2010/03/07 23:23 * edit *

■yu--m-ちゃん
手にとって見てみてー。
材料はちょっと変わってるけど、
好きなテイストだと思うよ。

こねないパン、マスターしたいよね。
おいしく焼けるようになりたいです。

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2010/03/09 01:19 * edit *

うん、絶対yu--m-iちゃん好きだと思う。
白崎先生ご自身にも☆
私も行ったとき、笑ってばっかりだった
もの。
美人で頭が切れて、素敵な方だよね。
私もこの本、衝動買い。
でも忙しくてまだ見れてないんだー。
あー、気になる!

ふくしち #- | URL | 2010/03/11 17:53 * edit *

■ふくしちちゃん
もう1回行きたくなる教室だよね。
おいしい料理とロケーションと先生のキャラ(笑)が魅力的。

本をめくっちゃったらいっぱい作りたくなるよー。
私もまだまだいろんなものを作ってみたい。
次は小さなパンケーキにトライしよっかな。

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2010/03/12 07:52 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/473-b8140fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。