湘南ぐるぐる

hito koto tutumi

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

伊豆稲取 雛のつるし飾り 


IMG_0327.jpg

ちくちく手縫いのつるし飾りで華やかに。

IMG_0329.jpg

河津桜 を楽しんだ次の日は、稲取温泉へと移動して
この辺りの伝統の風習、
雛のつるし飾りまつり を見てきました。

そもそも、つるし飾りとは、
女の子の健やかな成長を願って手作りした飾りを
ひもでつないでつるしたもの。
昔はおひなさまを購入できる家が少なかったため、
せめてその代わりにと、手作りのひな飾りをつるして祝い、
受け継がれてきたもののようです (パンフレットより抜粋)。
今はひな壇の周りに飾っているようですけどね。

町をあげてのおまつりとあって、6つもの会場があり、
たくさんのひな壇を見ましたが、
どれもあたたかい雰囲気が漂っています。
華やかだけど素朴さが残っているというか、
子や孫を思うお母さんやおばあちゃんが
ちくちくひと針ずつ愛情を込めて作ったからだろうな。

古今雛といって、たしか江戸時代のおひなさまもあって、
それはそれは見事でした。
今のお雛さまの顔と違うし、雰囲気も年代ものらしく、
凛としていて美しい。 ほうっとみとれてしましました。

IMG_0354.jpg IMG_0352.jpg

つるし飾りは種類がいくつもあって、
おかめだったり、えびだったり、鶴、さる、金目鯛や
花、ぞうり、羽子板、よだれかけ、大根、とうがらしなどなど。
それぞれに意味があって、なんだかおせちみたい。

例えば、
さるは 「厄がさる」
とうがらしは虫よけ効果から 「娘に虫がつかないように」
ぞうりは 「足が丈夫になるように」
親の願いがたくさん込められています。

おひなさまを飾るって楽しいんだろうな。
実家には、ひな人形がなかったから (涙)
ひな人形を出す楽しみも、しまう楽しみも知らなくて。

そろりそろり紙から出して、また大切に包んでしまう
1年に1度のお楽しみ。
ものを大切にする心も育つんだろうな。
いつか娘ができたら・・・笑
ほっこり優しい気持ちになった、おまつりでした。


雛のつるし飾りまつり
1月20日~3月31日 伊豆・稲取温泉


[edit]

日本語ならではのことばあそびの粋。
親心はいつの時代も変わらないね。
あたたかーいお雛さま情報ありがとう。

ふくしち #- | URL | 2009/03/04 16:03 * edit *

ユーリくん、成長したね~
やんちゃな姿を想像してはニヤリ♪
ね、アンヨ。
一歩がでるとスタスタスタ~って早かったでしょ?
これからは更に追いかけるのが楽しいやら大変やら・・ですよ~、笑

桜、伊豆ではもう終わりですか!
こっちはまだまだ寒いですよ~ぶるぶる。
雛人形。
いいよね、伝統行事。あたしも好きだな。
今年は京都でもとめた小さな紙の雛人形でお祝いしました。
女の子のおうちはいいなあ・・なんて思います。

みずほ #- | URL | 2009/03/04 22:04 * edit *

■ふくしちちゃん
つるし雛は見ているだけで、
あったかーい気持ちになるおまつりでした。
今はお雛さまと一緒に飾られているけど
昔はそれだけ飾っていたから、親の愛情がいっぱいだもんね。
子を思って、ちくちく手作り。
本当に今も昔も変わらない親の姿なんだろうな。
いつか機会があったら見に行ってみてね。

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2009/03/07 09:07 * edit *

■みずほさん
ほんと、まだ小走りまで行かないけど
これから追いかけるのが大変になりそうです。
京都で買われた紙のひな人形、いいですね。
大人のひな祭りにはぴったりかも。
私も自分のために、いつか買ってみたいな。

ぐるぐる #wvEHRiOY | URL | 2009/03/07 09:10 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://shonan55.blog32.fc2.com/tb.php/362-c2733e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。